2020年9月28日 カンショ(サツマイモ)の食害対策について

2020年9月28日、心地よい秋晴れの中、 千葉県成田市にてカンショ(サツマイモ)のハスモンヨトウ・ナカジロシタバに対する殺虫剤の散布を実施いたしました。

使用機体:DJI Agras T-20 ハスモンヨトウ・ナカジロシタバは葉の食害を与え、収穫量や品質に大きな影響を及ぼします。 また、発生回数が年2~5回と時期にも例年多少のバラつきがあり、発生後数日間が最も有効な適期となります。 SKYAGRIでは適期散布を重視し、お客様のご要望に最大限お応えします。

当社は、農薬散布機体の販売・講習からメンテナンス、委託まで一貫したサービスを提供しております。 ご購入検討や散布サービスについてのお問合せはコチラからコチラから

 

PAGE TOP