HOME > 独立開校のメリット
ドローンスクールを開校してドローンの可能性を広げよう

このページでは、ドローンスクールを開校するメリットと、開校にはどのような準備が必要か、その概要をご説明します。
ドローンを活用する機会が増え、ドローンスクールの需要も高まっています。
「ドローン操縦士になりたい!」という方の願いを叶えるドローンスクールを開校して、
ドローンの可能性を広げる手助けをしてみませんか?

ドローンスクール開校のメリット
多くの受講者を見込める

ドローンを自在に操る「ドローン操縦士」の「プロ」と「アマチュア」の違いは何かご存知ですか? 実は、ドローン操縦士の「プロ」になるために特別な資格は必要ありません。では、なぜドローンスクールに通って技術を学ぶのでしょうか。

その理由のひとつに、「ドローンの操縦技術は独学での取得が難しい」というものがあります。また、一般家屋や近所の公園ではドローンを十分に操縦することは簡単ではありません。一方、ドローンスクールに通って、プロの講師によるアドバイスを受けながら、屋内練習場などの恵まれた環境で操縦技術を磨くことができます。

最近では、ドローンを趣味だけでなく「仕事でドローンを活用したい」「空撮写真を撮りたい」という目的の方が増えています。今後効率良く操縦技術を学べる機関として、ドローンスクールの需要は年々高まることが予想されるでしょう。

「ドローン操縦士」としてのスキルを証明できる

ドローンスクールでは、カリキュラムを修了した受講生にドローン操縦士の資格を付与することが可能です。
この資格は、人口集中地区でドローンを飛行する際に、「10 時間飛行実績」の証明書として国土交通省に提出することが可能。
さまざまな場所でドローンを操縦したい、空撮をしてみたいという方にとって、この「10 時間飛行実績」はドローンの活用をビジネスの場にも広げる大きな強みになります。

今後も ドローンスクールの需要は高まる

ドローンは現在、建物の点検やレスキューの現場などさまざま場所で活躍するツールです。最近ではサッカーの練習風景をドローンで空撮し、フォーメーションの確認やオフサイドトラップの練習に活用することもあります。

このことから、今後もドローンの需要が高まっていくことでしょう。それを受け、ドローンの操縦方法を効率的に学べるドローンスクールの需要も高まっていくことが予想されます。

開校手続きには何が必要?

ドローンスクールを開校するには、認定団体からドローンスクール認定を受ける必要があります。

一般的には、「一般社団法人ドローン操縦士協会(DPA)」「DJI JAPAN株式会社」「一般社団法人日本UAS産業振興協議会(JIDA)」などが知られています。


認定を受けるには、これらの機関が定める基準を満たす必要があります。
DSJ にFC 加入する場合は、DPA の基準に従います。

開校までの詳しい手順は「開校までの流れ」にてご確認ください。

準備、手続き後、認定機関と調整を行い、審査を経て晴れて「ドローンスクール」として認定されます。