HOME > 開校までの流れ
ドローンスクールを開校するまでの流れを紹介します

「ドローンスクールを開校しよう!」と思っても、いざ開校するとなると「何から始めればいいの?」という方もいるでしょう。
ここでは、ドローンスクールを実際に開校するまでの流れを簡単にご説明します。
なお、「独立開校のメリット」でも少し触れましたが、認定に必要な条件は認定団体によって異なります。必ず資料などで確認しましょう。

開校までの流れ
  • 1
    資料を取り寄せる

    認定団体に問い合わせて資料を取り寄せます。ドローンスクールの認定団体は、国土交通省航空局のホームページから確認できます。

  • 2
    開校に必要なものを用意する

    資料に記載されている、ドローンスクール開校に必要なものを用意します。「飛行訓練ができる自社施設はあるか」「法人格は保有しているか」「インストラクターは何人いるか」など、開校条件は認定団体によって異なるので、よく確認しましょう。

  • 3
    講習に必要なものを用意する

    座学講習や実技講習など、ドローンの操縦技能習得に必要な会場を確保します。

  • 4
    インストラクターを雇用する

    インストラクターを何人雇用するか、また雇用方法などを確認します。

  • 5
    鑑定団体から審査を受ける

    最後に認定機関と調整を行い、審査を経てドローンスクールとして認定されます。