Archive for the ‘ test ’

  1. ドローンの飛行はOK?NG?「ドローン専用地図」確認サービス3選

    ドローンには飛行許可の必要なエリアとそうでないエリアがあります。そこで今回はフライト可能エリア、危険区域などを示すドローン専用地図確認サービスを3つ紹介します。「航空法」でドローン飛行場所をチェックドローンは航空法による飛行制限があります。許可なく飛ばせる範囲が定められており、その範囲を超えてドローンを飛行させるには許可を取る必要があるのです。では、どの場合に飛行許可が必要なのでしょうか。・空港などの周辺の上空空域・人口密集地域の上空・150m以上の高さの空域上記の場合は安全面の観点から飛行許可が必要です。逆に言うと、上記以外の場合は飛行許可は取らなくても飛ばせます。また、空域以外にも「日中以外の飛行」「目視外飛行」「夜間飛行」などの飛行条件によっては地方航空局長の承認が必要となりますので、一度国土交通省のページなどで確認をしておきましょう。DJI提供「安全飛行フライトマップ」ドローンの飛行許可が必要となる空域を確かめる必要があります。そこで、どこならドローンが自由に飛ばせて、どこなら許可が必要なのかはひと目で分かる地図サービスをここでは紹介します。まずはドローンの大手DJI社の「フライトマップ」です。DJI社は自身のホームページより「フライトマップ」を公開しています。フライトマップには飛行禁止エリアが赤く表示される他、空港の位置、ドローン飛行可能施設の位置、黄色く示される警戒地域なども表示されます。地図は日本国内だけでなく世界中の地域を確認できます。外国の場合は日本と飛行許可に対する法律が違うので、日本の基準で見ることはできません。これらのマップを使って外国でのドローン飛行可能エリアを確認する際は、必ずその国の法律と照らし合わせて使用してください。申請書作成も可能「飛行支援地図サービス」DJI社のフライトマップ以外にもドローン専用飛行支援サービス「SoraPass」というサイトがあります。このサービスは会員登録をすることで利用可能です。最大の特徴として、飛行禁止エリアなどの地図の表示だけでなく、気象情報や3次元地図の表示、申請書や報告書の作成サポートがあります。気象情報や3次元地図作成は無料でも使用可能ですが、申請書作成や報告書作成は有料版でなければ使えません。有料プランによって申請書等の作成上限や同時利用可能なID数が変わります。ただ飛行エリアを確認するだけでなく、本格的にドローンを飛行させる必要がある人に便利なサービスと言えます。国交省お墨付きの「地理院地図」民間のドローン飛行エリアを確認する地図サービスの他、国土交通省には国土地理院「地理院地図」があります。この地図は地形図、写真、標高、地形分類、災害情報などが確認できる地図サービスで、3D表示も可能です。グーグルマップのようにリアルの写真による上空からの地図をみることができるほか、地形図を表示した際の「機能」ボタンを使って3D表示に切り替えることができます。これにより、ドローンを飛ばす時にどんな障害物があるのかなども地図上である程度把握ができます。各サービスを同時に利用すると、サービスごとに飛行エリアなどを示す地図は必ずしも正確とは言えない部分があります。したがって民間のサービスのマップだけでなく、国土交通省が紹介しているこのサービスも併せて使用することをおすすめします。ドローンは許可なく飛ばせる場所とそうでない場所があります。しかし許可が必要かどうかの微妙なラインというのも存在し、素人では判断がつかない場合も。「大丈夫だと思っていた地域がそうではなかった」というトラブルを防ぐには、ドローン専用の地図確認サービスを利用することをおすすめします。
  2. ドローンによる見守りを活用!日常生活にさらなる安心感を

    高齢者の徘徊対策などをはじめ、子どもの通学やマラソン大会などドローンによる見守りは、さまざまな場面での活用が期待されています。日本各地で行われているその取り組みについて詳しく紹介します。高齢者の見守りにドローンを活用高齢化社会の現代において、高齢者に関する社会問題は深刻なものが多くあります。その1つが高齢者の徘徊問題です。認知症を発症する高齢者は年々増加しているというデータがあり、その分、徘徊する高齢者の増加につながる可能性があります。認知症になった高齢者が徘徊することで行方不明になったり、何らかの事故につながってしまう危険があるため、あらかじめ対策を取ることが大切です。ただ、家族が四六時中監視することは困難を極めますし、徘徊防止の目的であったとしても、外に出ないように閉じ込めておくことはできません。そこで、ドローンを活用した高齢者の見守りサービスが注目を集めています。ドローンの活躍により、徘徊している高齢者の居場所をより早く発見することが可能になると、未然に事故を防ぐことにつながります。また、ドローンによる上空からの見守りがあることによって、徘徊の心配のある高齢者がいる家族の負担や心配も減ることが予想できます。ドローンによる見守りは高齢者だけでなく、遭難者の早期発見などへの活用も期待されています。子どもの通学を見守る実証実験も!ドローンによる見守りは、子どもの登下校などにも活用することも期待されています。2016年9月には、長野県の富士見町で実証実験も行われました。民家の少ない場所を通って学校に通学をする子どもの安全をドローンによって見守り、子どもが犯罪に巻き込まれることや、猿などの野生動物からの被害を未然に防ぐことなどを目的としています。実験は諏訪東京理科大工学部の協力によって、下校中の子どもを対象に行われました。ドローンが高度を変えながら上空を飛行し、子どもたちを撮影します。ドローンによって撮影された映像によって、個々の子どもの顔認識が可能かどうかということを検証するために実験は行われました。結果としては、撮影された映像では対象となる子どもの特定までには至らず、今後に課題を残すことになりました。ただ、カメラを高性能なものに変えるなどの工夫をし、ドローンによる子どもの見守りが現実的になると、子どもだけでなく保護者や学校関係者など地域の多くの人々の安心材料になることが期待できるでしょう。また、ドローンに上空から見られているという意識によって犯罪の抑止にもつながるのではないでしょうか。マラソン大会への活用で迅速な救護活動を2016年に岐阜県揖斐川町で行われた、「第29回いびがわマラソン」では、参加ランナーの見守りにドローンが使用されました。この試みは、総務省の「IoTサービス創出支援事業」によって行われたものです。いびがわマラソンは、走りながら美しい景色を楽しめる一方で、コースの高低差が激しいことでも有名なマラソン大会です。それだけでなく、コースの中には道が狭いなど、ランナーにとって少し注意を要するような場所があります。ただ、毎年多くの方がランナーとして参加する大会でもあり、安全面の強化のため、ドローンによる見守りが取り入れられました。参加ランナーをドローンが上空から見守ることで、何かあった時に迅速な救護が可能になります。近い将来、このようなイベントでのドローンの見守りが本格的に実現するかもしれませんね。ご紹介してきたように、ドローンによる見守りはさまざまな場面で必要とされています。ドローンならではの小回りの良さは、見守りの際にきっと役立つことでしょう。近い将来、さまざまな場所で人を見守ってくれるドローンの姿がたくさん見られることになるかもしれませんね。
  3. ドローンとledの組み合わせで用途は広がる!活用例を紹介

    ドローンはledを組み合わせることで、暗い場所で飛行が可能になったり、夜間飛行で構造物を明るく照らすことができたりします。さらに、空中ディスプレイに利用されています。今後の可能性と共に活用例を紹介します。暗い空間での飛行で視認性を高めるためにまずドローンとledの組み合わせでは、ドローンの機体の視認性を高めるという目的があります。日本では航空法の関係で原則屋外の夜間飛行は認められていませんが、最近では屋内の廃工場を利用したドローンのサーキットが作られています。そうした屋内のサーキットは暗い場所が多いので、視認性を高めることが非常に重要です。屋内のドローンレースでは、FPV使用でドローンを飛行させるレースもあります。FPVとは、専用ゴーグルをつけドローン目線の映像を使ってドローンの機体を操縦する方法で、FPVレースの場合の多くは、コース自体がledでわかりやすいようになっています。しかし、FPVレースを見る観客はドローンの機体が見えにくいので、ドローンの機体にledが施されていると、より白熱したレースを楽しむことができるのです。日本では夜間飛行が原則禁止されているドローンですが、ドローンとledの組みあわせで視認性が高まると、今後法律が改正され、夜間も飛ばせるようになるかもしれません。ledで夜間でも明るく照らすドローンドローンとledの組み合わせで注目したいのは、ledで夜間に人工構造物や森林を明るく照らすことです。以前は暗いと感じたledですが、最近は明るいものが開発されています。明るいledを使用したドローンから強い光を放ち、夜間に人工構造物や森林を照らすことができます。海外のYouTubeにはこの取り組みについての動画があります。例えば100wのledを10個使用し、1000wのledを搭載したドローンが、廃屋や橋梁、森林を明るく照らす映像は幻想的です。ドローンから強い光を発して夜間も映像を撮ることができれば、夜間の防犯や見回りなど警備の分野に活かせるかもしれません。さらに、農業分野では鳥獣による農作物の深刻な被害が近年報告されています。このような食害についてもドローンから強い光を放つことができれば、被害をもたらす鳥獣を追い払うことができます。また、幻想的な映像を撮ることが可能です。アーティストのミュージックビデオやプロモーションビデオ、映画やドラマなどにも利用できるでしょう。ledで空中ディスプレイが可能に!ledを搭載したドローンを複数利用すれば、空中ディスプレイも可能です。映像クリエイターの高城剛氏と株式会社マイクロアドによる空中ディスプレイの映像が2016年4月20日に舞浜アンフィシアターで公開されました。30cmほどのドローンが使われ、ドローンの機体は球状のledを装飾したフレームで覆われました。複数のドローンの機体が富士山の麓で三味線の音楽に合わせてledを光らせ、幻想的な映像を作り出しました。最後は逆さ富士をドローンに搭載されたledの光で作り、圧巻の映像を作り出しています。自動制御のドローン飛行と、ledの光を組み合わせてコントロールすることは、今後活用の可能性が感じられます。具体的には、コンサートやライブ、フェスなどミュージシャンのステージに利用できる他、サッカーや野球、オリンピックなど大きなスポーツイベントのパフォーマンスとしての利用が考えられています。ドローンはledを搭載することで視認性を高め、屋内で行われるFPVレースで活躍しています。さらに、夜間にものを照らし、防犯や農作物に被害を与える鳥獣を追い払います。複数台led搭載のドローンを使えば空中ディスプレイも可能です。今後の利用のされ方に注目が集まります。

Drone & IoT Business Seminar / Information Request / Inquiry

  • Drone & IoT Business Seminar

    We have a briefing session for business owners.
    We will teach plenty of business know-how of Drone called the empty industrial revolution.
    From time to time! (Free participation · complete reservation system)

    Drone & IoT Business Seminar Information
  • Information request / inquiry

    We will inform you about various materials request and inquiries concerning our products.


    Information Request / Inquiry
PAGE TOP