農家や自治体の方々に!山菜摘み登山や登山のシーズンに!スカイアニマル
農家や自治体の方々に!山菜摘み登山や登山のシーズンに!

SKY ANIMALSは、赤外線サーモグラフィーカメラを搭載した最新ドローンで、山中の猪・熊・猿・鹿を探索するサービスです。

  • 赤外線サーモグラフィカメラ搭載探索専用ドローン
    赤外線サーモグラフィカメラ搭載探索専用ドローン
  • ドローンで対象エリア上空を探索し、撮影する
    ドローンで対象エリア上空を探索し、撮影する
  • 事前調査を行うことで野生生物から受ける被害を回避
    事前調査を行うことで野生生物から受ける被害を回避

SKY ANIMALS 技術背景



日本の害獣被害額は年間約300億円とも?

野生動物・野鳥による農作物の被害が甚大な額に

  • 近年、日本各地で野生動物が人に危害を加えたり、農作物を荒らしたりする問題が急増しています。
  • 野生動物・野鳥による農作物の被害総額は全国で年間230億円、被害面積は9.7万ヘクタールに及びます。※1
  • 地方の人口高齢化・減少が進み、人が野生動物を追わなくなり、人と動物との緩衝地帯になる里山が減少し、動物が里に出てきて、簡単に手に入る美味しい食物を知ったためです。
  • 近年のハンター減少も野生動物が里に出るようになった一因です。※2
  • 野生動物に電波発信器を装着し、その行動を監視するシステムは幾つかありますが、従来の電波技術を採用しているため、大きい・重い・電池寿命が短い・動物の方向/距離はアバウトという問題があります。
  • 動物に装着する発信器が大きく重いことは、動物愛護の見地から好ましくありません。

※1 農林水産相2012年発表
※2 狩猟免許所持者は2012年に全国で約18万人、30年前の半数以下で高齢化が進んでいます。

ドローンと最新のIoT技術で、野生動物の行動を観察・追跡します。

  • 草木の隙間に隠れていて、可視光カメラでは見ることができない動物を、赤外線サーモグラフィカメラで発見します。
  • 赤外線サーモグラフィカメラにより夜間の動物探索が可能です。
  • ドローンに爆竹音やサイレンを鳴らす装置を付け、野生動物を見つけたら鳴らして退散させることもできます。

IoT=Internet of Things (物のインターネット)

SKY ANIMALS 料金

ドローン搭載の赤外線カメラによって空からくまなくチェックします

映像データに基づく調査報告書を作成します。

1日 200,000円〜
(税別・交通費別)

(※3)国土交通省への申請手続きを行い、飛行許可を得た上で、ドローンによる作業を行います。
(※4)弊社は、最大7億円の対物・対人保険に加入しています。
(※5)法規制により飛行ができない場所や、環境等により飛行が困難な状況において、本サービスが実施できない場合があります。

ドローン&IoT事業セミナー/資料請求・お問い合わせ

PAGE TOP