ドローン搭載用・赤外線サーモグラフィカメラ(赤外線データ記録、温度表示機能、アジア総販売元) FLIR VUE™Pro R

ドローン搭載用・赤外線サーモグラフィカメラ(赤外線データ記録、温度表示機能、アジア総販売元)  FLIR VUE™Pro R
正確なラジオメトリック(※)温度測定を可能にする
ドローン搭載用・赤外線サーモグラフィカメラ(赤外線データ記録、温度表示機能、アジア総販売元) FLIR Vue™ Pro R

赤外線サーモグラフィーカメラFLIR Vue™ Pro R

FLIR Vue™ Pro Rは、赤外線静止画像撮影時に対象の正確な温度をラジオメトリー(※)によりピクセル単位で測定し内蔵microSDカードに記録することが出来ます。ドローン搭載用赤外線カメラで業界トップレベルの機能性能です。

※ラジオメトリック/ラジオメトリー=放射測定(対象に触れずに温度を計測すること)


FLIR VUE™ PRO Rの製品仕様書を見る

効果・特徴

ラジオメトリック赤外線サーモグラフィー

FLIR Vue™ Pro Rは、単に赤外線サーモグラフィー画像を撮影するだけでなく、静止画像にピクセル単位で対象の温度データを記録する事が出来ます。
対象のピンポイント温度測定を必要とする構造物や管理温度範囲のある設備の点検に欠かせない新機能です。FLIR Toolsをご利用になり、赤外線画像を解析して下さい。

※ FLIR Vue™ Pro Rの放射温度測定データの解析は、SKYANALYZER®WEBでなくFLIR Toolsで行うことが出来ます。

FLIR Toolsのサイトはこちら
SWaP(寸法・重量・消費電力)を、性能を低下させずに大幅低減

※ 高圧送電線の過熱部分


オンボード画像記録

FLIR Vue™ Pro Rは、8-bitデジタル画像をMJPEGあるいはH264フォーマットで、または14-bitデジタル画像をTIFFフォーマットで、オンボードmicroSDカードレコーダに録画することが出来ます。 画像はmicroSDカードで直接、あるいはVue™ Pro RをPCやタブレットにUSB接続して取り出すことが出来ます。

オンボード画像記録

MAVLinkインターフェースによるカメラ制御

FLIR Vue™ Pro Rは、MAVLinkによる画像自動キャプチャおよび画像へのGPS位置データ付与に加え、同インターフェースを利用して次の様なカメラの遠隔制御をプロポからPWM信号で行う事が出来ます。

カラーパレットの選択、録画開始/終了、Eズームのイン/アウト、 動画/静止画撮影の選択、静止画撮影間隔の設定

MAVLinkインターフェースによるカメラ制御

※ FLIR Vue™ Pro Rのラジオメトリックによるスポット温度表示


モバイル端末でカメラ機能を簡単に設定

FLIR Vue™ Pro Rは Bluetooth LE(極低電力)インターフェースを内蔵しており、iOSまたはAndroidスマフォやタブレットにFLIR UASアプリを無料でダウンロードして、飛行前にBluetoothでカメラの次のを設定することが出来ます。

カラーパレット選択、画像最適化(露出)設定、PWM入力設定、 動画/静止画撮影の選択、静止画撮影間隔の設定

モバイル端末でカメラ機能を簡単に設定

※ FLIR UASの設定画面


赤外線画像データをSKYANALYZER® WEBで解析

FLIR Vue™ Proで撮影した赤外線画像(動画/静止画)を、当社のSKYANALYZER®WEB(スカイアナライザーウェブ、有料サービス)にアップすると、専用アプリで画像を自動解析して故障部分の静止画像をキャプチャーし、その画像を添付した報告書の雛形をクラウドからダウンロード出来ます。

赤外線画像データをSKYANALYZER® WEBで解析



製品仕様 FLIR VUE™Pro R

(※1)NTSC方式の場合。
(※2)赤外線静止画像にピクセル単位の温度データを記録する機能。
(注)本製品の海外への輸出は米国の輸出規制により制限されています。本商品の仕様は予告なく変更される場合があります。

ドローン&IoT事業セミナー/資料請求・お問い合わせ

PAGE TOP