超小型赤外線カメラモジュール FLIR Boson™

長波赤外線サーモグラフィーOEMカメラコア FLIR BOBSON™
FLIR BOSONは、ADAS(Advanced Driver Assistance System先進運転支援システム)向けの衝突回避センサとして最適です。
最新の12コア映像処理SoC(システム音チップ)を内蔵。
業界標準の埋め込み型インターフェースにより、先進的な処理と解析を可能にします。

FLIR Systems BOSON

FLIR SystemsのBOSONは、小型・軽量・高画質の長波赤外線(LWIR)※1 サーモグラフィーカメラコア。
業界初であるだけでなく、大きさ・重さ・消費電力(SWaP)※2 の新たな基準を打ち立てる製品です。
BOSONはFLIR Systemsの拡張可能なXIR※3赤外線映像処理アーキテクチャを採用。
僅かな消費電力で高度な画像処理・解析を行うことが出来、周辺センサのドライバや業界標準通信インターフェースに幅広く対応可能です。
BOSONは用途に応じて視野角(FOV)の異なる様々なレンズ・オプションからお選びいただけます。

※1 LWIR = Long Wave Infrared
※2 SWaP = Size, Weight and Power
※3 XIR = Extended infrared


FLIR Boson™ の製品仕様書を見る

ADAS向け衝突回避センサ

SWaP(寸法・重量・消費電力)を、
性能を低下させずに大幅低減

業界トップのSWaPだからこそ実現出来た、小型・高性能、高画質赤外線サーモグラフィーOEMカメラコアです。
夜間運転の際はハイビームでも遠くまで見通せず、対向車のライトに幻惑されますが、赤外線カメラなら遠くまで幻惑少なく前方を監視することが出来ます。

SWaP(寸法・重量・消費電力)を、性能を低下させずに大幅低減

※ ADAS(先進運転支援システム)


ADAS向け衝突回避センサー
  • VGAあるいはQVGAの解像度、12μmピクセルピッチの日冷却VOxマイクロボロメータ。
  • FOV別レンズ・オプションをQVGA用8種類、VGA用7種類から選択可能(右図参照)。
    3種類の感度レベル(<40mKから)。
  • カメラ本体サイズは、21×21×11mm(体積4.9cm)、わずか7.5グラムの軽量設計(レンズを除く)。
  • 低消費電力(500mVから)。
  • 頑丈なボディ構造、広い動作温度範囲(産業用で-40℃から+80℃)。
ADASの概念図

FA・消防・防災・野生動物の監視・セキュリティーetc

FLIR BOSONは、様々なFA(ファクトリーオートメーション)システムや産業用ロボットとの統合、監視・セキュリティーOEM端末や、ドローン・スマートグラス・ヘルメットなどにも組み込むことが出来ます。
FLIR BOSONは煙や霧を透かして対象を検知することが出来ますので、消防、防災用途にも活用できます。

FA・消防・防災・野生動物の監視・セキュリティーetc

FA・消防・防災・野生動物の監視・セキュリティー etc

パワフルで拡張可能なXIR赤外線映像処理アーキテクチャ

  • 超高解像度・ノイズフィルター・ゲインコントロール、ブレンディングなどを行う高度アルゴリズム。
  • 内蔵された映像解析機能により無調整で高度な自動制御が可能。
  • カスタマイズ可能な映像処理や省電力のソフトウェア。
  • 物理プロトコルレベル・インターフェース規格へのビルトイン・サポート機能。
  • サードパーティのカメラ・GPS・IMUなど補助センサー用の入力と処理に対応。
  • ソリューション・アクセレレーダ設定。様々な業種に対応出来る設定を用意。
  • FLIR Systemsが信頼するサードパーティデベロッパーによってカスタマイズ済みのアプリケーション。
  • 全バージョン間での機械的/電気的互換性を達成。
  • 各種ハードウェアや画像処理を統合し、OEM要件に適合させることが可能。

セキュリティー

消防

開発環境・ナレッジベース

FLIR BOSON SDK(BOSON購入者向けにライセンスいたします)
BOSON開発ボード、カメラリンクキット(別売)

国内総販売代理店契約

弊社は、世界最大手の赤外線カメラメーカー:FLIR社(米国)と、FLIR VUEにおける国内総販売代理店契約を締結しており、
赤外線カメラ搭載ドローンの活用分野においては、豊富なノウハウと独自のスキルを有しています。






FLIR BOBSONの仕様

ドローン&IoT事業セミナー/資料請求・お問い合わせ

PAGE TOP