野生動物の生態調査・追跡、農林業の植生調査・解析を支援します。

※IoT=Internet of Things (物のインターネット)

野生動物・野鳥による農作物の被害が甚大な額に

近年、日本各地で野生動物が人に危害を加えたり、農作物を荒らしたりする問題が急増しています。
野生動物・野鳥による農作物の被害総額は全国で年間230億円、被害面積は9.7万ヘクタール※1に及びます。

地方の人口高齢化・減少が進み、人が野生動物を追わなくなり、人と動物との緩衝地帯による里山が減少し、
動物が里に出て来て、簡単に手に入る美味しい食物を知ったためです。
近年のハンター減少※2も野生動物が里に出るようになった一因です。

野生動物に電波発信器を装着し、その行動を監視するシステムは幾つかありますが、従来の電波技術を採用しているため、
大きい・重い・電池寿命が短い・動物の方向/距離はアバウトという問題があります。
動物に装着する発信器が大きく重いことは、動物愛護の見地から好ましくありません。

※1 農水省 2012年発表
※2 狩猟免許所持者は2012年に全国で約18万人、30年前の半数以下で高齢化が進んでいます。

ドローンと最新のIoT技術で、野生動物の行動を観察・追跡します。

当社が開発したMOONBEAR®(ムーンベア=月の輪熊)野生動物追跡システムは、動物がウェアラブルな小型・軽量・防水で
電池が長期間保つタグ(電波送受信機)と、ドローンに装備するトラッカー(追跡装置)からなっています。

野生動物の観察者は、里山にドローンを飛ばし、タグを付けた動物の行動をPCやタブレット上で観察・追跡することが出来ます。
ドローンに爆竹音やサイレンを鳴らす装置を付け、野生動物を見つけたら鳴らして退散させることも出来ます。

【MOVIE】

野生動物発見

ドローンと各種のセンサ技術で、精密農業・精密林業の推進を支援します。

精密農業(Precision Agriculture)とは、農地・農作物の状態をICT技術を用いて観察し、気候変化や病害虫による被害、
カビなどによる農作物の病気や、外来植物の侵入を解析して、対策を立てる一連の農業管理手法をいい、農作物の収量及び品質の向上を目指します。

同様に、精密林業(Precision Forestry)とは、森林の生育状態をICT技術を用いて観察し、気候変化や病害虫による被害、
カビなどによる樹木の病気や、外来植物の侵入を解析して、対策を立てる一連の林業管理手法をいい、木材の収量及び品質の向上を目指します。

いずれの場合も、ドローンにHD/赤外線カメラや3Dスキャナを搭載して農地や森林の上空に飛ばすことにより、詳しいデータを広範囲に、容易に得ることができます。

PAGE TOP