ドローン研究の中で注目されている技術とは?

ドローンは空の産業革命といわれているほど、今後大きく発展していく技術です。あらゆる分野で使用するために、世界中でドローンに関する研究が進められています。今回は中でも注目されている技術を紹介します。

現在、世界中の機関が研究をしている

ドローンは分野で最大限に活躍できるようシステムの研究が盛んに行われています。中でも注目されている技術は以下の通りです。

・自律飛行システム

・状況に応じて道路を走るドローン

・食物の生育管理

・ドローンによる測量

これらの研究が進むことによって、実用化が進み各分野の作業の効率化が望めます。効率化が達成すれば、これまでかかっていた時間や金銭的なコストを大幅に下げ、大きな利益に繋げられます。高い効果が期待できるからこそ、研究が進んでいるのですね。次の項目では各項目の研究状況について説明します。

自律飛行システムの現状はどうなっている?

自律飛行はドローンの中でも労働力削減などに直結しており、各分野への応用も可能なため高い注目を集めています。ですので、あらゆる機関が積極的に研究を進めている状況。

その中でも特に注目なのが、MIT(マサチューセッツ工科大学)のCSAIL(人工知能研究所)が行っている研究です。内容は空陸両用ドローンの自律飛行システムの開発が主となっています。

ドローンは空を飛んでいるためスピードや俊敏さなどメリットが多い反面、バッテリー性能は大きな課題です。たとえ、自律飛行だけできても長距離移動ができません。

そして、地上走行はスピードがない分バッテリー性能が高く長時間走行可能です。これらを組み合わせ、経路計画アルゴリズムによって自律飛行・走行させることで、飛行のみよりも長距離の自律移動ができるようになりました。エネルギー効率が高いため、さらなる研究が期待されています。

状況に応じて道路を走るドローンとは

ドローンは先ほども説明した通り、エネルギー効率に課題があります。トラックの用に長時間の連続稼動ができません。さらに、物流に使用する場合、ドローン自体の性能を上げるため重くなり、荷物の重量も加わります。そうなると、バッテリーの消費が激しくなり飛行距離は短くなってしまいます。

そこで走行を組み合わせることで、川や建物がある場合は飛行。道では走行と状況に応じて臨機応変に変化させることができます。すると、エネルギーの消費を抑えられ長距離の移動が可能に。エネルギー効率を改善できるのは素晴らしいです。ドローンの実用化には重要な研究となりそうですね。

食物の生育管理の現状はどうなっている?

ドローンの活躍が期待されている分野の1つが農業です。現在では農薬散布が主な活躍シーンで、他は研究中。今後の研究が進めば、食物の生育管理を行うことが可能になります。まだ実用化へ向け研究段階ではありますが、農業のやりやすさが格段に上がるかも知れません。

具体的な内容は、ドローンで食物を監視し生育をモニタリング。それをデータとして取得し、食物全体の生育状況を客観的に見えるようにするシステムとなっています。

どこから収穫すればいいのかなどが見えるようになるので、効率的な農業を実現してくれるのに重要な研究ですね。

ドローンによる測量で可能になることは?

農研機構と熊本県農研センターが共同で、ドローンによる測量を開始。具体的な内容は、上空からの映像やレーザー測量を使い、農地の被災リスクなどの調査です。さまざまな角度から撮影し、数百枚に及ぶ写真を基に、農地の凸凹の状況を3次元で再現し、災害時のリスク把握や防災対策に活用しています。ドローンからの写真と過去の土地利用状況の検証を用いているため、精度は非常に高いのが特徴です。

さらに、これまで人の手で行っていたことをドローンで代用するため、人件費など大幅なコストダウンを実現し、善光区の農地でも応用できます。ドローンによる測量技術の向上で、災害への対策がこれまで以上に効率的になるかもしれません!

ドローンの研究は世界中で進められています。ただ、現状では限られた分野でしか使用されていません。今回紹介した研究内容は、実用化へ向けたものばかり。まだ実際に使われてはいませんが、実用化されれば各分野の作業の効率化が望めます。世界中で今回紹介した技術が使われるのが楽しみですね!

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP