ドローンのビジネスモデルとは?その詳細を解説

ドローンを利用したビジネスは徐々に拡大しています。今後役立つテクノロジーの発展を見逃すわけにはいきません。今回ドローンのビジネスモデルの詳細について解説していきます。

ドローンを利用したビジネスは拡大中

ドローンは徐々に世間へ浸透しています。ドローンはラジコンなどとは違い非常に操作が簡単で、ホバリングも安定しています。さらにFPVなどさまざまなテクノロジーと組み合わせることができるので、ビジネスへの応用ができるのも魅力です。

導入されれば人件費削減はもちろん、作業の効率化などが進みやすくなるので、どの企業もビジネスに利用できないかと模索しています。そして、現に少しずつあらゆるビジネスの分野でドローンの導入が始まっています。その中で注目されているのが、

・空輸としての利用

・農業への導入

・マーケティングの分析

の3つです。それぞれの詳細について説明していきます。

空輸としてのドローン利用の詳細とは?

ドローンは空輸としての利用が期待されています。現在の配送業界は、

・労働者不足

・物流の増加による交通渋滞

・再配達など非効率な作業

など多くの問題を抱えています。ドローンが配送業界に導入されれば、これらの問題を解決できる可能性が増します。まず労働者不足に関して、ドローンは完全自立飛行が可能なので、最小限の労働力で、荷物を配送すること可能です。高齢化社会に伴い労働力不足への解決に期待ができます。

さらに、ドローンとトラックに配送を分担すれば、交通量の減少も可能。再配達など非効率な作業をドローンに任せれば、労働力を無駄に割かれることが無くなり効率化も実現します。このようなメリットがあるからこそ、空輸での利用が注目されています。

日本での導入は実験的なものが多いですが、パリではドローンによる空輸を承認し、前向きに活用しています。さらにアメリカでは、空輸の際にスムーズにドローンを運用できるように、ドローンのための空域の設定を検討しているなど、世界中での活躍が期待されています。

農業へのドローン導入による変化とは?

ドローンは農業分野での活躍も期待されています。農業は現在、高齢化や人手不足に悩まされています。少しでも1人にかかる負担を軽減させるために農業用機械が必要になるのですが高価なのがネック。その農業用機械に比べるとドローンは非常に安価です。なので、人手不足に悩まされている農作業を快適に行えるのに期待されています。

現段階で実際にドローンが活躍しているのは、農薬散布が主となっています。実証段階では稲の生育管理システムも十分な結果を残しているため、今後の導入にも期待できます。作物の適切な管理がドローンによって誰でも行うことができれば、初心者の参入障壁が低くなり、人手不足解消にも期待ができます。

マーケティングの分析でどう使われるのか

ドローンはマーケティングでの活躍も期待されています。これまで、店舗などのマーケティングは基本的に人の手で行われるため性別や年代など大雑把なデータを取得が主となっていました。

ドローンとAIを組み合わせることで、空撮画像から、訪問者たちの年代や性別などの分類が可能に。さらに、上空に移動させることで、訪問者の移動ルートから分析させることができるため、より効果的なマーケティングを行うことができるようになります。

 

 

 

ドローンはさまざまな分野での活躍が期待されています。今回紹介したビジネスモデルはあくまで一例。この他にもエンタメや建築などあらゆる業界に応用できます。ただ、現在はまだ実験段階の分野が多いので、本当に活躍するのはもう少し先になると考えられます。今後、どのようにドローンが活用されていくか注目しましょう!

関連記事一覧

PAGE TOP