空の産業革命!知っておくべきドローンビジネスの事例

ドローンはビジネス面でも注目を集めています。

そんなドローンのビジネス事例として農業、測量、太陽光パネルについて、またビジネス用スキルを学べるスクールについて紹介します。

業界で大注目!農業で活躍するドローン

ドローンビジネスの事例は様々あります。業界で注目されているものの1つが、農業での活用です。

農業においてのドローンの活用法は、2つあります。

1つ目は農薬や肥料の散布に活用できる点です。従来の農薬散布は重いタンクを運び、農地をくまなく歩かなければいけません。

体力と時間が掛かる上、農薬散布の際は健康の被害も懸念されていたのです。

ドローンを使うことで効率よく農薬や肥料の散布ができます。さらに重労働から解放され、健康面のリスクもなくなります。

農薬や肥料の散布にはラジコンヘリが使用されていました。ラジコンヘリは非常に高価で、操作も難しいです。

ですがドローンならばラジコンヘリに比べ価格が安く、操作も比較的容易。ドローンは農薬や肥料の散布にぴったりです。

2つ目は、作物の育成状況のチェックでも活躍する点です。

赤外線などのカメラを搭載したドローンを利用することにより、育成状況を事細かにチェックできます。

ドローンを使うことで農業の知識や経験が浅い方でも、肥料の加減がわかったり収穫時期を図ったりできます。

 

測量でも強みを発揮するドローン

測量においても強みを発揮するのがドローンです。ドローンを利用することで作業時間を短縮し、従来の方法よりもコストを削減することが可能です。

測量にドローンを利用すれば、測量するスタッフの数も削減できます。高所の点検で必要な足場もいりません。その結果、点検業務にかかる高額な費用を削減できます。

コストだけでなく、測量にドローンを使えば作業者の安全も確保できます。高所や人が入れない危険な場所の測量も、ドローンならば容易です。安全に測量を行えます。

また、撮影した画像から取得した距離や高低情報により、必要な土の量なども算出できます。複雑な地形でもスムーズに測量し、詳細にデータを取ることができるのです。

太陽光パネルの点検に最適なドローン

ドローンビジネスの事例として、太陽光パネルの点検もあります。搭載したカメラを利用することで、パネルの異常部位を検知。角度や高さを固定するので、全てのパネルを均一に撮影できます。品質にムラがありません。

太陽光パネルは劣化や破損により、周囲のパネルよりも高熱を発するという特性があります。その特性を利用し、ドローンのカメラで熱を感知することで状況を把握することができるのです。ドローンを使って太陽光パネルの点検を行えば、人の手による作業よりも短時間で行えます。

日本国内の太陽パネルは、山間部の斜面などにも設置されています。地上からの点検が困難な場所でも、空を飛べるドローンなら問題ありません。短時間で点検が行えます。

ビジネス用スキルが身に付けられるスクール

ドローンビジネスに活かせるスキルを身に付けたい。そんな方にぴったりなのが、ドローンスクールジャパンです。

本スクールは豊富な種類のコースがあるのが特徴です。それぞれのコースにより趣味用だけでなく、ビジネス用のドローンの技能と知識が習得できます。

豊富な種類のコースの中でプロの操縦士を目指せるのが、ビジネスコースです。このコースでは8の字旋回をはじめとしたドローンの操縦技術や、赤外線カメラの撮影の仕方などを学べます。ドローンを使ったビジネスに必要な20種類の技能を、2日間で習得することが可能です。

ビジネスコースに合格することで、目的別のコースを選択し受講できます。

また、農業でドローンを使いたい方にはスマート農業コースもあります。農業に使用する散布ドローンの操縦技術やメンテナンスの知識、効率的な肥料の撒き方などを重点的に学べます。

プロのドローン操縦士と一緒になって、貴重なドローンビジネスの現場での経験を積める。実体験型の講習は幅広く、家屋の調査や不動産の管理、太陽光発電所などの現場を体験できます。

さらに、ドローンビジネスの現場に出た際に利用できるスキル、赤外線カメラで撮影した映像の解析、レポート化する方法、3Dマッピング空撮の方法なども学べます。

ドローンビジネスに活かせるスキルを身に付けられる。それがドローンスクールジャパンです。

ドローンビジネスの事例は農業や測量、太陽光パネルの点検など数々あります。幅広いビジネス分野で活躍するのがドローンです。

空の産業革命のドローンは、今後様々なビジネスで利用されることになるでしょう。スクールでスキルを身に付け、ビジネスに活かしてみてはいかがでしょうか?

関連記事一覧

PAGE TOP