免許は必須!?ドローンを飛ばすために必要な事

ドローンは趣味や空撮、レースなど様々な用途で利用されています。

そんなドローンを利用する上で、免許は必要なのでしょうか?

免許の有無や、ドローンの用途によって必要な免許について紹介します。

ドローンを操縦するのに免許は必要か!?

様々な分野で話題となっているのがドローンです。ドローンは空撮やレースなど様々な用途で利用されています。

ドローンを操縦するためには、車のように免許が必要なのでしょうか。

ドローンの操縦は、基本的には免許を必要としません。飛ばすだけならば、ドローンを買ってすぐにでも可能です。

空撮などで使われる総重量が200g以上のドローンも免許は必要ありません。ですが航空法を守る必要はあります。

この航空法とは、

・日中の飛行

・目視範囲内で監視しながら飛行

・人や建物などと30m以上の距離を保って飛行させる

・人が集まるイベントの上空で飛行させない

といったルールがあります。航空法を守ればドローンは誰でも飛ばせます。

ドローンは基本的な使い方であれば免許は必要ありません。ですが用途によっては、免許が必要な場合があります。

FPVレースに必要なアマチュア無線4級

ドローンのレースは2種類あります。1つは目視でドローンを操縦するレースです。

もう1つはドローンに取り付けたカメラの映像をモニターやゴーグルに受信し、一人称視点で操作を行うFPVレースです。

FPVレースではスピード感と迫力が味わえます。日本国内のみならず、世界中で大人気のレースです。

FPVレースに参加するためには免許が必要です。その免許がアマチュア無線4級です。

FPVでは映像を無線で送受信します。その際に用いる電波は5.8GHzです。

この周波数帯は、日本国内では無免許で利用できません。5.8GHzの電波を利用するためには、アマチュア無線4級の資格が必要です。

アマチュア無線4級の取得には2種類の方法があります。

・国家試験を受験

・養成課程講習会を受講

の2種類の方法があります。

無線に詳しくなければ、講習会を受けることがおすすめです。講習会は2日間行われます。まず授業を受け、その後に修了試験を行います。合格することでアマチュア無線4級の免許が取得できます。

FPVレースに参加するならアマチュア無線4級の免許の取得後に、無線局開局の申請も必要です。こちらは紙やオンラインで申請が可能です。

審査が完了し、免許を受け取れば無線局の開局ができます。

免許を取得し、無線局の開局を行う。この2つを行うことで、FPVのドローンレースに参加できます。

第3級陸上特殊無線技士免許で空撮を業務に

空撮でも利用されているのがドローンです。迫力のある映像もドローンなら手軽に撮ることが可能です。

ドローンの空撮を業務にしたいと考える方は年々増えています。

空撮を業務にする際には、第3級陸上特殊無線技士の免許が必要になります。

現在ドローン専用の周波数が設定され、その帯域を使用するために第3級陸上特殊無線技士の免許が必要です。

専用の周波数が使用できれば、長距離の飛行が可能となります。

さらに鮮明な映像を転送できます。この2つはドローンを使った空撮の業務を行う上で、必要になります。

そのため第3級陸上特殊無線技士は、空撮を業務にするならば必須の免許と言えます。

第3級陸上特殊無線技士の免許も取得の方法が2種類あります。

・国家試験で取得

・養成課程を受講し、試験に合格することで免許の取得

となっています。

第3級陸上特殊無線技士は受講資格に制限がないため、業務未経験でも受講が可能です。

養成課程ならば予備知識がなくてもしっかり学べます。

1日講習を受講し、試験を受けることで時間を有効活用し、確実に免許を取得できます。

国家試験での取得は、すでに無線に関する知識を持っていればお得です。

養成課程よりもリーズナブルな価格で免許が取得できます。

第3級陸上特殊無線技士の免許を取得することで、ドローンの空撮を業務にできます。

ドローンを使ってFPVレースへの参加や空撮を業務する場合は、免許が必要です。

免許を取得することでFPVレースへの参加や、空撮の業務が可能となります。

どちらの免許も難しい物ではありません。しっかり学んで必要な免許を取得し、

ドローンの使い方をより広げてみてはいかがでしょうか?

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP